定点からみたHKT48。

まとめサイトではありません。 HKT48を定点(在宅)から見続けて感じたことを綴ります。タイトルに反して定点動画はあまり見ていません。

もしもHKT48チームIVがサッカーチームだったら。(その1)

経緯

新年一発目の記事としてチームHを野球チームに例えたら面白かったので、今度はチームKIVをサッカーチームに例えたらを考えてみた。長くなったので全体の完成前にとりあえず1/3程度を放出してみる。

もしもHKT48チームHが野球チームだったら。 - 定点からみたHKT48。

当然、劇場公演についてをメインに考えてます。

想定するフォーメーションは4-2-3-1。

f:id:dshujid:20150102025138j:plain

メンバー一覧(50音順)

ユースからの昇格が他のメンバーよりも遅れたものの、新チーム体勢がスタートする前に合流することができた。新チーム体勢においては、出場機会を求めて5ポジションをマスターするなどユーティリティ性を見せる。センターサークルでのシュートチャンスをもらえない今田美奈などをいじるなど、強めの絡み方をすることで先輩にもかわいがられる一方で、「パスを出すのが嫌な先輩は?」などといった正解のない質問を後輩にぶつけるなど悪魔的側面を持つ。メンバーやファンの好き嫌い、特に嫌われることにとても敏感であり、盛り上がるお題として自信満々に提出することも多いが、たいてい不思議な空気になる。一方で、自分が嫌われることも守備的選手といわれることも極端に嫌がるため、自分が誤解されそうな場面では試合後のインタビューや次の試合でも守備機会を説明に費やすことも。

不動の守護神。ユースからの昇格が同期より約1年遅れたが、その後ユースでの主将格を務めており、昇格後も安定した信頼関係を構築している。自分の希望とは異なりGKとなっている過去があるため、FWになることを夢見ており、何度もセンターサークルでフリーになって回転シュートを打つことを話題にするが、未だ実現していない。右サイドからアーリークロスに合わせたボレー(通称:ガラスのILY)は諦めたらしいが、他の方法は全く諦めておらず、実際攻撃力にも定評がある。試合中にオーバーラップをみせることは多々あり、みなぞうのヘディングシュート(通称:キャンディ)はレアだが貫禄は十分。との噂が。破壊力ではなく貫禄を語られることに彼女に対する世間の評価が現れているような気がする。

伊藤来笑と同様、ユースからの昇格が他のメンバーよりも遅れたものの、新チーム体勢がスタートする前に合流することができた。新チームでのシーズン前半も、やはり出遅れは目立ったが、魔法「脱ロリ」の習得を目指すようになってからは、ファールすれすれの守備プレーである「受験生なのにテスト0点」や「エゴサーチ(通称:しのっちオン)」を駆使することで一部で話題。同時期に、試合中の表現力が上がってきて攻撃力と共に守備力も向上し、見違えるようにパフォーマンスが向上してきている。

守備も攻撃もこなすユーティリティ性の高いプレイヤー。昨シーズンの試合はただ一人全試合フル出場。招集されていなくても試合会場になぜか居るでおなじみ。加入当初はCF候補と見られており、今でも彼女に希望を聞くと、「南央はCFが向いとるっちゃん」などと言い出すが、現在はメンバーやスタッフに総ツッコミされて却下となる。(追記*1 )初夏に不法植物栽培疑惑が話題になるも、当然本人が育てたものでもなければ不法植物であることも気付いておらず、笑い話に終わる。(/追記) 誰からも愛される人柄からくる不思議な守備は相手の力が抜けるとの評判で、夏にミニゲームではあるが前述の疑惑などを駆使してフル代表において一人で守備を耐えきるなど、植木の一人守備というジャンルが開拓されつつある。一人攻撃も練習中。

かつて秋葉原のチームでCF候補であり、攻撃的選手として一時代を築いたが、近年は若手の台頭により序列の後退は否めなかった。出場機会を求めてこのチームに移籍し、現在は主将として活躍。ピッチ外でのストイックさや人間関係を円滑にしたことが主将として評価されているが、実際の試合ではあまり評価の対象とならないことが多い。そして、本人は自分が主将としてしか見られないことについて気にしているが、やはりチームを支えるという意識は高い。ハーフタイム後のカウンター攻撃ではこれまでのロリキャラとは異なる一面を出そうと努力していて、実際ある程度成功している。

今シーズン2戦目で手首骨折しての長期離脱が痛かったが、離脱期間中にも体調維持し、むしろ攻撃力を増強して復帰。復帰後は表情の豊かさと攻撃的なレス(例: 一人を指さして約10秒静止、自分のグッズを見つけた時の指差しレスは真顔で念を送るように)などが話題。攻撃力が高すぎてこれから追いかけ始めると泥沼にはまってしまうとの評価も。ふと醸し出す空気や話題の選び方に、リア充でクラス内でもヒエラルキー上位に君臨していることがにじみ出るが、選手としてプラスではないため、本人が話す内容からは表面上巧妙に隠されている。

軸足を置いているチームが存在した上での重複契約なので、五輪代表と全国での転戦では半分ぐらい出場するものの、ホームでの試合はほとんど出場のないレアキャラ。本チームではCF候補でもあり攻撃的な部分が目立つが、こちらのチームでの扱いはボランチ的。チームの攻撃力の強化に影響を与えているとの評価もあるが、実際は彼女自身の良い息抜きというかのびのびしている他のチームを経験できた彼女個人が得たものの方が大きいと思う。

*1:twitterフォロワーさんよりネタを頂きました

AKB48Gのメンバーの御名前については、現時点では読みやすさを考慮して基本的にフルネーム表記での敬称略か、ニックネームを使用しています。
なお、記事中で引用、掲載する画像その他について、著作権及び商標権などの知的財産権を侵害する意図はありません。問題等があれば対応致しますのでプロフィールページに記載される連絡先に御連絡ください。