定点からみたHKT48。

まとめサイトではありません。 HKT48を定点(在宅)から見続けて感じたことを綴ります。タイトルに反して定点動画はあまり見ていません。

HKT48の全国ツアーコンサート演出について。

概要

HKT48のコンサートは演出が良いとされていて、評判も良く「ライブのHKT」といったような風潮があるように感じている。

春コン in SSAで一番楽しそうなのがHKTな件 : HKT48応援速報

【HKT】HKT48アリーナツアー幕張メッセ 公演後のツイやレポ感想など : HKT48のまとめてmatome

ただ、「全国ツアー~全国統一終わっとらんけん~」になってからは特に、そのコンサート演出にも不満を感じる事が多くなった。そのことについての考察*1

始まりは「九州7県ツアー」

九州7県ツアーから演出家が替わって、フロートの多用、時にはmixもメンバーが先導する煽りの連続で会場全体を盛り上げる事に代表されるように、がらっと見せ方を変えてきた。さっしーの「使わないなら全部もらう」選曲もあって、九州7県ツアーは新規も古参も大満足だった。

他には、映像を使った演出が非常に上手い。特にバラード曲において歌詞の文字を使った演出、本編ラストでメンバーの手書きメッセージと本人のメッセージをリンクさせる演出などは、単純に見えるけど準備は大変で、でも十分に盛り上げられた空気とのギャップで効果は大きいと思ってる。

楽曲の間奏部分を伸ばすなどして煽りや企画を入れるのも、当たり外れはあるけど概ね成功で曲披露の連続だけでない特別感がある。時にはブラックライトでシャツ+蛍光色の手袋だけを浮き上がらせたダンス、SSAのマジック演出なども、完成度や効果は別として試みとしてとてもおもしろいと思う。

メドレーもいい。オリジナルの少ないHKTだけに「何でもやる」方針で「名曲」とされる曲をたたみかける。しかも衣装をどんどん変え、大箱では複数のステージや花道をいっぱいに使って、メンバーから溢れるエネルギーに会場全体が盛り上がる中盤から後半の楽しみとなっている。

春コンとアリーナツアーでの変化。

さて、九州7県ツアーでは最高に思えたコンサートも、SSA、アリーナツアーと回を重ねる毎に少しずつ傾向が変わってきて、「結果楽しいけど、これじゃない」感を感じるようになった。その傾向は全国ツアーから顕著になっている。正確に言うと、好きなメンバーによって満足度が異なると思う。

一番顕著な変化は「選抜と選抜外との格差が広がった」。九州7県ツアーではユニット曲も「選抜+選抜外」の組み合わせが多かったが、埼玉スーパーアリーナで行われた春コンにおいては、なこみく(矢吹奈子田中美久)の出番が増えることで非選抜の出番は全体曲とメドレー、バックダンサーに終始するようになった印象。そして、アリーナツアーぐらいからユニットが「(ほとんど)選抜のみ」で終始する印象である。ただ、それでも「キレイゴトでもいいじゃないか?」「覚えてください」など、非選抜が中心となる曲が数曲あった。

そして、とうとう全国ツアーからは、ツアーに出演するメンバーが全員でなくなり、20人程度の「レギュラー組*2」と「それ以外」のメンバーに分けられた。全体曲チーム曲以外で非選抜が1期曲/2期曲/研究生といった選抜外がメインとなれる曲もついに全国ツアーで0になった。

演出家の影響

このあたりの変化は演出家の影響が大きいと思う。先日のラジオでも仮に次に半分冗談ながらもAKBのコンサートを企画するならば「超選抜のみとか?」とこぼしていた。本物志向の色が強くなり、それに合うよう選抜を鍛え、それ以外のメンバーにスポットを当てることを(今は)諦めている。

個人的に、演出家が某男性アイドルグループのコンサートを長く手がけてきたことと無関係ではないと思う。勉強不足で映像はテレビで流れたもの以外ほとんど見ていないが、数人から多くても10人程度のメインキャストとBDを務めるAKBの研究生相当で構成されるコンサートとイメージが重なる。 某男性グループの場合、タイトルから構成まであくまでもメインのグループのコンサートであり、BDを務めるJ/r.のメンバーは担当するグループは決まっていてもそのBDメンバー目当ての客はあくまでコアな楽しみ方と言って良いと思う。しかし、AKBG、特にHKTの場合は事情が違う。

HKTは(今となっては意味の変わってしまった)全員野球という言葉に表されるように選抜とそれ以外の差が小さいことが特徴だと思う。DDや箱推し文化とも相性が良く、3期生が入っても全員を応援するという空気、公演を重要視して劇場で頑張るメンバーを評価する空気が強いように感じる。

コンサートでも客の分布として選抜16人の推しは確かに多いが、非選抜も束になったら半々ぐらいはいるように感じる。私の観測範囲の偏りやTWで発言するのは濃いヲタであることを差し引いても、むしろ控えめな比率だと思っている。某男性グループの客の比率はよく知らないけれど、

はっきりと違うのは「非選抜」も「正規メンバー」であり、皆が口を揃えて基本や原点と言う公演においては(厳然と格差はありながらも)それぞれが主役として輝いていて、運営を含めたコミュニティ全体が全面的に肯定している文化がある。つまり「HKT48」は選抜16人を刺す言葉ではない。

このバランスが最近乖離している。全国ツアーが全員参加でないことにも言いたいことはあるが、予算など現実的に考えて仕方のないと今回は思う事にするが、構成については疑問しかない。細かいことを省くと選抜外が主役となる曲が1曲もないことに集約されるが。これが非常に残念でならない。

コンサート演出における非選抜の扱い

九州7県ツアーで使ったRunRunRun/二人乗りの自転車/水夫は嵐に夢を見るなど、公演曲を使えばリハーサルは最小限で済むはず。あるに超したことはないが凝った演出さえ必要ない。これがなぜ選抜の衣装替えの時間にでも入れられなかったのか。プラス4分が入らないわけは無いと思う。

全国的な知名度を上げ、新規の客にわかりやすいというコンセプトのために選抜16人に焦点を絞ったコンサートであることは始まってみてわかったし、濃いヲタの為だけでない方針自体を否定することはできないけれど、そのコンセプトを保ったままでも非選抜曲が2曲ぐらいは入れられると思う。

Glory daysという選曲も罪が重いと。かつて象徴的に前に居たメンバーがBDに居るのはあまりに残酷。HKTの文脈がわかっている人の選曲とは思えない。そして、地味に気になっているのはフロートを使い、フリを廃してファンサービスに使われる曲が非常に惜しい曲が多いこと。「ただ歩く」演出には否定的な意見が散見されるが、某男性アイドル集団について多く記述され、最近梅本泉を発見された方のこの記事を拝見して、演出家の特徴ではないかと思い当たった。「君好き」あたりはフリ付きで披露される事は無いかも。

2014-08-30 - それは恋とか愛とかの類ではなくて

指原支配人のジョーカー化

そして危惧しているのは最近の指原支配人の言動がこの演出家に影響されているように感じる事が多くなった。HKTの現状の実力と今後の展開、表に出ない(採算やマスコミ評価的な)危機感があるのかもしれないが、メンバーに以前より興味が無いように見え、単純に突き放す言動が目に付く。

公演やコンサートでも「崩す」場面が目に付く。サシハラスメントは見所だし、ユニットの集中力はさすがだとも思う。しかし、繰り出される遊びはアクセントとして楽しくても、全編に渡って見慣れると身内で好き勝手なだけで、意気込みや本心とは逆に集中力を欠いているように見えることが多い。

今改めて九州7県ツアーを見直すと、この時はまだ良いバランスだったと感じるが、まだ1年たってない。多方面で絶賛され、権限や求められる仕事も増え、大人(となこみくのような子供)とばかり接するようになっていないか。彼女特有の一時的なポーズや自己PRの一環であればいいと思う。

まとめ

長々と書いてきたけど、今は関東全握やペア握手なども負債となっているし、他にも種々の理由から力を蓄える時期だとも思っているので、年末から次の春頃にまた新たな展開があれば良いと思う。それは新公演かもしれないし、コンサート構成の傾向も変わるかもしれないし。

ということで、今は3周年記念関連の公演からのあらたな展開への欠片を楽しみにしています。あとで補足するかもしれませんが以上です。 RTでの拡散やリプ等歓迎です。色々考えるのが好きなので気付いたことがあればお話し頂ければ幸いです。

*1:この記事は2014年10月26日頃にtwitterにつぶやいていた内容から再構成して2014年11月19日頃に記事を作成しています。

*2:公式の呼び方ではなく私が勝手に付けた呼び方

AKB48Gのメンバーの御名前については、現時点では読みやすさを考慮して基本的にフルネーム表記での敬称略か、ニックネームを使用しています。
なお、記事中で引用、掲載する画像その他について、著作権及び商標権などの知的財産権を侵害する意図はありません。問題等があれば対応致しますのでプロフィールページに記載される連絡先に御連絡ください。